研究成果発表会(終了)

イチゴ種子繁殖型品種研究成果発表会(2015/12/14)

種子繁殖型品種「よつぼし」が誕生しました。「種」から育てるため、栽培技術は、従来とは大きく異なることになります。また、「よつぼし」は、早生性と長日反応性を併せ持つ特異的な花成特性を持っています。このような「よつぼし」を普及し、生産者に利用していただくため、また、新しい研究素材として発展利用していただくため、これまでの研究成果を体系的に整理し、基本的栽培技術と発展可能性として紹介します。そして、参加者のご意見・ご要望を踏まえた活発な総合討議を通じ、新しく生まれた種子繁殖型品種がイチゴ産業界のイノベーションへと発展することを願い、研究成果発表会を開催します。 

研究成果発表会 12月14日(月)13:00~17:00 
 三重県津市羽所町 アスト津4Fアストホール   <参加費無料・事前登録制>
 1.イチゴ種子繁殖型品種研究の経緯と今後の展開 
 2.「よつぼし」の促成栽培における管理技術のポイントと発展可能性
 (1)セル苗2次育苗法の栽培管理のポイント
 (2)セル苗本圃直接定植法の栽培管理のポイント 
 (3)新たな栽培技術開発の現状と可能性
 3.「よつぼし」による夏秋どり作型研究の現状と可能性
 4.総合討議
<展示>「よつぼし」のセル苗、プランター株、果実

交流会 12月14日(月)18:00~20:00
 ホテルグリーンパーク津6F <会員5000円・非会員7000円>(事前申込・当日徴収)
 「よつぼし」果実の試食・ロゴデザインの選定

三重県農業研究所圃場見学(希望者のみ・事前申込) 12月15日(火)午前
 9時、10時、11時の3班で各30~40分程度、高設栽培圃場をご案内 

<お申し込み方法>
受付開始:種子繁殖型イチゴ研究会員(入会予定を含む)10月20日から、非会員11月10日から
裏面「参加申込書」に必要事項を記入し、FAXまたは郵送で、次の宛先にお送りください。
    (定員に達した場合、お断りすることがあります)
申込先:515-2316 三重県松阪市嬉野川北町530 
    三重県農業研究所野菜園芸研究課内 種子イチゴ発表会担当
    FAX:0598-42-1644  TEL:0598-42-6358