播種管理方法(促成栽培二次育苗用)

 イチゴの種子は、温度や水分状態が好適なときでも、発芽するまで2~3週間を要します。この期間の管理が悪いと発芽率や揃いが大きく低下します。また、発芽したての苗は小さく弱いものですから、注意深く観察し、大切に育ててください。

1.栽培方法の選択

 「よつぼし」の主な用途は促成栽培用で、促成栽培には「二次育苗法」と「本圃直接定植法」があります。「二次育苗法」は従来からのイチゴ栽培方法に近く安定しています。一方の「本圃直接定植法」は、セル苗を直接本圃に植える方法で、セル苗を購入して定植するので大幅な省力化になりますが、本圃で花芽誘導する技術が必要になります。そのため、労力を掛けてでも播種から栽培を始めようとするのであれば、省力化を目指す「本圃直接定植法」よりも、安定した「二次育苗法」をお勧めします。

2.播種管理の注意点

(1)温度:発芽適温は20~30℃。温度が低いほど発芽まで日数が掛かります。温度が高いと土が乾きやすくなるので、最適温度は25℃です。
(2)水:播種後の乾燥は厳禁。発芽までに一度でも乾いてしまうと発芽率は極端に低下します。保水性、排水性ともに良い培土を使って、表面が乾かないようこまめに潅水してください。
(3)光:基本的には好光性種子です。種子に光が当たっている方が発芽が良くなるので覆土は不要です。ちなみに、暗黒条件でも発芽するので、光より温度を重視して水稲育苗器などを使うことも有効です。
(4)酸素:発芽にも、その後の根の発育にも、酸素が必要です。水が溜まったままの状態が長く続くことがないよう注意してください。

3.準備するもの

(1)培土
 適度な保水性があり、排水の良い培土が適しています。播種から発芽まで種子が乾くと発芽率が大きく低下するので、乾きやすい培土はオススメできません。また、培土に肥料分が含まれている方が、発芽後の生育がスムーズになります。
(2)育苗箱
 吸引式の播種機がある場合はセルトレイが適していますが、そうでない場合は、底が網状で深さ7~8cm程度のプラスチック容器をお勧めします。手播きの散播が可能で、培土量もあるので水分管理も比較的容易です。
 水稲育苗箱やポリポットも散播で使うことができますが、水稲育苗箱の場合は培土層が浅いので水分管理に注意してください。ポリポットは、培土層が深くて底面吸水でも安定していますが、面積が小さいので厚播きになって密植になりがちです。
(3)育苗ベンチ
 発芽したての苗は病気に弱い状態です。病原菌の飛び込みがないよう、育苗箱は、地面に置かず、台上で管理してください。

 

4.播種時期

 5月上旬から中旬が目安です。気温が低いと、播種から発芽までの日数が長くなるので、それより早い時期では保温や加温が必要です。適期に播種する場合でも、播種から10日間程度25℃設定の水稲育苗器等で加温すると発芽揃いが良くなります。

5.播種と覆土

 播種量は移植時期により判断してください。写真のように本葉2枚程度で移植するのであれば、厚播き(9cmポットで50粒程度)が可能です。大きくなるまで置くときは、その分、薄播きにしてください。厚播きにしておいて、間引いた分を移植するといった工夫もできます。
 好光性種子なので、原則、覆土は不要です。播種し終わったら、優しい水流で充分潅水してください。

 

6.潅水方法

 播種から発芽までに一度でも種子が乾燥すると、極端に発芽率が低下することがあります。平均発芽日数は11~15日程度、発芽揃いまで3週程度必要です。この間、常に培土の表面が乾かないよう、こまめに潅水してください。発芽直後の苗は小さく、根域が乾くと枯死するので、発芽後もしばらくは、こまめな潅水が必要です。日射が強い場合は、寒冷紗等で遮光してください。
 ○ 手潅水
余分な水が下に落ちるベンチ上で、優しい水流が出るハス口を使って、こまめにたっぷりと潅水します。潅水回数は、培土の量と排水性に応じ、様子をみて1日2~4回程度、乾かないよう丁寧に調整してください。
 ○ 頭上ノズルの自動潅水
細かい水滴が拡がる散水ノズルがお勧めです。手潅水と同様に培土量に応じて潅水回数を調整してください。育苗箱の置き場所によって潅水ムラができることがあるので、時々見回って、手潅水で補ってください。
 ○ 底面給水
育苗箱が入り、適切な水深になる容器を準備します。湛水状態にならないよう、不織布などを底に敷いて容器の外側へ排水してください。注水時の水深は、培土の厚さの1/3~1/2程度が目安で、培土の厚さや吸水特性に合わせて調整してください。

 

7.施肥 

 肥料が含まれる培土を用いる方が、肥料分のない培土より、発芽から初期生育まで生育が優れます。発芽後、肥料成分が不足すると生育が遅れるので、様子を見ながら、週に1~2回程度、液肥を施用してください。

8.鉢上げ

 9月上旬にクラウン径8mm以上になるよう、苗の大きさに応じた適切な時期に鉢上げします。セル苗に比べて散播の苗は根量が少ないことが多いので、散播苗の場合は、セル苗よりは4~5日程度早く鉢上げした方が良い傾向があります。写真は、9cmポットへの鉢上げで、これくらいの苗なら7月初め頃が移植適期。



このマニュアルは、革新的技術開発・緊急展開事業(うち地域先端プロジェクト)「種子繁殖型イチゴ品種「よつぼし」の全国展開に向けた省力栽培体系とICTによる生産者ネットワークの確立」(2016~2018)の研究成果をまとめたものです。この研究は現在継続中であり、マニュアルの内容は変更されることがあります。